Update 2012.12.12 水 18:33
トップページ お気に入り
全記事一覧
首页 > 新聞 > スポーツ&レジャー > その他
「新緑の宮殿」で永い歳月が織り成す神秘を満喫
7月8日~8月5日 第5回コムンオルム国際トレッキング大会
2012.07.05 (木) 済州道政ニュース contributor@jejujapan.com

   
 

「第5回世界自然遺産コムンオルム国際トレッキング大会」が7月8日の開幕式を皮切りに、8月5日(日)までの1ヶ月間、コムンオルムおよび ベンドゥイ窟一帯で開催される。

コムンオルム国際トレッキング大会は、世界自然遺産であるコムンオルムの真価を確認できる機会として、去る2008年の第一回大会から今年で第5回目を迎えた。

特に今年は、第一回世界自然遺産の月を迎え、文化体育観光部、文化財庁、韓国観光公社の後援で、ユネスコ世界自然遺産登載5周年(2007年7月2日)を記念して、コムンオルムをその舞台として繰り広げられる。

コムンオルム国際トレッキングは、済州世界自然遺産に対する広報と新たな探訪文化を開拓し、世界自然遺産であるコムンオルムの真価を満喫できるよう、探訪コースを変更補完し、ストーリーテリングを一層強化した。

コムンオルムは、2009年には環境部選定・全国生態探訪名所20選に選定されたのに続き、2010年には、韓国的特色の生態資源を活用した固有の生態観光を開発することで、持続可能で、競争力を兼備えたモデルとして認められ、韓国型生態観光10大モデルに選定された。

トレッキング大会のコースは、 太極路とヨンアム路二つのコースで、大会運営時間は午前8時から午後1時まで(出発時刻基準)である。

また、大会期間中は事前の予約なしでも探訪することが出来るが、必ず探訪案内所にて出入証の発給を受けてこそ探訪が可能である。

これと共に解説士同伴プログラムの効率性を高めるため、 「太極路」コース中、噴火口の中では全ての探訪客が解説士と共に探訪をし、オルムの稜線とヨンアム路コースでは自立探訪を実施する。

コムンオルムは、多様な溶岩地形がよく保存されており、独特な植生が分布されていて、世界自然遺産としての価値が非常に高い。特に ベンドゥイ窟、万丈窟、金寧窟、龍泉洞窟、ダンチョムル洞窟等は、コムンオルム溶岩洞窟系の世界的な洞窟を生成した母胎でもある。これと同時に炭窯跡や日本軍の洞窟陣地のような歴史文化が手つかずのまま残っており、地質、生態、歴史文化の探訪地として脚光を浴びている。

一方、済州道は、2007年7月2日国内で最初に「済州火山の島と溶岩洞窟」のタイトルで、世界自然遺産に登載された。

2012年現在、我が国には、石窟庵、佛国寺、海印寺、藏經板殿、宗廟、水原・華城、昌德宮、 高敞ㆍ和順 江華ドルメン、慶州・歴史遺跡地区、朝鮮王陵、 河回良洞村が世界文化遺産として登載されている。


お問合せ)探訪案内所 784-0456 コムンオルム国際トレッキング委員会 750-2523


記事:済州道政ニュース(http://news.jeju.go.kr) 2012.6.27 より転載

ⓒ 済州ウィークリー(http://www.jejujapan.com) 記事の無断転載を禁止します | 版.聲明  
Most Popular
Photo
「在日済州人、彼らのお蔭で今日の済州があるんですよ」
兪弘濬『済州文化の深淵を込めました』
〖WCC〗世界の環境リーダー、人類に問いかけたメッセージは?
〖WCCあれこれ〗済州の生命(いのち)の森、「コッチャワル」
[청소년보호정책]
Mail to editor@jejujapan.com   Tel. +82-64-724-7776   Fax.+82-64-724-7796   청소년보호정책 : 고은영
登録番号 : Jeju Da 01093   登録時間 : 2008年 11月20日   発行人 : 宋姃姬
Copyright © 2009 jejujapan.com 掲載の記事・写真・図表など無断転載を禁止します。すべての内容は韓国の著作権法により保護されています。