Update 2012.12.12 水 18:33
トップページ お気に入り
全記事一覧
首页 > 新聞 > コミュニティー > 済州は今 | Jeju Now
済州フォーラムの頼もしい支援者「オンラインサポーターズ」発足
2012.05.30 (水) 高恩英 ey7023@jejujapan.com

国際的な行事の成否を決定するキーワード、それは数多くの人々の関心と参加を督励する「広報」であろう。行事主催者側の戦略的な広報も重要だが、SNSを基盤に大衆に親しく接近することのできるサポーターの活動もまた、広報の成功戦略の一つとして逸せない要素になっているようなのだが・・・

「第7回平和と繁栄のための済州フォーラム(以下、済州フォーラム)」の成功とフォーラム参加を呼びかけるために、この度初めて、「オンラインサポーターズ制」を導入した。済州フォーラム執行委員会はオンラインサポーターズのメンバーとして、2~3名で構成する3チームを選抜し、動画映像(UCC)及び広報ソング制作、ウェブチューン制作、イベントなど、各チームが特色ある広報活動を繰り広げることができるように支援している。それらのチームは4月2日から6月8日まで2か月余りに亘って、SNSを基盤にして済州フォーラムの事前広報活動を繰り広げている。


斬新さと情熱で「ネットユーザーの心」をひとつにして

SNSを主軸したオンラインサポーターズの活動は4月2日から6月8日までの2か月余りにわたって繰り広げられ、「トレンディスト」、「バタフライ効果」、「平和ヌリ(平和な世界)」など各チームの活動は、済州フォーラムの公式 SNS (www.facebook.com/jejuforum.page, twitter.com/jeju_forum)に加えて、各サポーターズの SNS(blog.naver.com/jjfsupporter, www.facebook.com/jjfsupporter, twitter.com/jjfsupporters)、チーム別カフェ、ブログなどを通じて出会うことができる。

大学生によって構成されたこれらのチームの活動は、週単位での具体的な計画にしたがって実施され、済州フォーラムの効果的な広報が可能になっている。彼らサポーターズが自ら作詞作曲したCMソングと動画映像(UCC)、ウェブチューンはSNSを通して広く知れわたり、江南、弘大、明洞などの街頭での広報、ソウルの諸大学でのポスター貼り、こどもの日、子供を対象とした「ソウル子供大公園」での特別イベント、Free Hugフォトイべントなど、大学生の斬新さと情熱による広報イべントは、さらに写真や映像に記録され、それがSNSを通じてネチズンたちに共有されている。それらの生々しい広報活動は済州フォーラムに対する多様な情報と共に、多種多様で豊かな読み物を提供しており、それぞれのSNS、ブログ、カフェにアクセスした「ネットユーザーの心」を取り込むに充分であろう。また、様々な視覚から得た済州フォーラムの各種の情報は、宝さがしで見つけだした宝のような、思わぬ楽しみも付け加えている。


   
▲ 平和ヌリ」チーム(キム·サンフン、キム·チソン(済州大学校))
オンラインサポーターズのうちの唯一の地元済州チームで、ウェブチューンにポイントを絞って広報活動を繰り広げている「平和ヌリ」チーム(キム·サンフン、キム·チソン(済州大学校))に会ってみた。

1.この度、初めて導入されたオンラインサポーターズに参加され、おめでとうございます。済州では唯一のチームなのですが、オンラインサポーターズをしながら感じたやり甲斐はなんでしょうか?

ありがとうございます。オンラインサポーターズという対外活動を一度してみたいと思っていたところに、済州フォーラムから恰好の機会が与えられました。サポーターズとして活動してみたところ、済州フォーラムに対する自負心を覚えるようになりました。そして済州フォーラムが広く知られることを願って活動を始めたところ、多くの人々が私たちの広報活動に肯定的な反応を示してくださって、大きなやり甲斐を感じています。

2.オンライン広報を漫画にしたのは面白いですね。漫画で広報をしたのには、何か理由がありますか?

オンラインサポーターズの募集案内に広報方法としてUCC、写真、ウェブチューンなどが例として挙げられていました。私たちのチームには絵が好きなメンバーがいて、ウェブチューンでサポーターズ活動をすれば、斬新で面白そうだと思い、志願したのです。その点が差別性を際立たせて、選ばれたようです。

3.フォーラムが開かれる5月31日から6月2日までの計画は?

オンラインサポーターズの場合、3チーム中の優秀活動チームと評価された1チームだけが済州フォーラムの現場で活動できます。ですから、その期間のスケジュールをひとまず空けておいて、それまでは余計なことは考えず、オンライン活動に集中します。

今後、済州フォーラムオンラインサポーターズに志願する人々に向けてのアドバイスなどもきちんと付け加えるほどにしっかりした学生たちを目の前にして、済州フォーラムの成功に対する確信が持てた。今後、毎年行われる済州フォーラムの頼もしい支援軍になるに違いないサポーターズの、最初の成功例になることを心から願いたい。

 

オンラインサポーターズの活動スナップ

チーム1 「トレンディスト」

   
 
   
 

チーム2「バタフライ効果」

   
 

チーム3「平和ヌリ(平和な世界)」

   
 

 

記者 : 高恩英    ey7023@jejujapan.com

     関連記事
· 済州フォーラム、その「内実」が問われる
ⓒ 済州ウィークリー(http://www.jejujapan.com) 記事の無断転載を禁止します | 版.聲明  

Most Popular
Photo
「在日済州人、彼らのお蔭で今日の済州があるんですよ」
兪弘濬『済州文化の深淵を込めました』
〖WCC〗世界の環境リーダー、人類に問いかけたメッセージは?
〖WCCあれこれ〗済州の生命(いのち)の森、「コッチャワル」
[청소년보호정책]
Mail to editor@jejujapan.com   Tel. +82-64-724-7776   Fax.+82-64-724-7796   청소년보호정책 : 고은영
登録番号 : Jeju Da 01093   登録時間 : 2008年 11月20日   発行人 : 宋姃姬
Copyright © 2009 jejujapan.com 掲載の記事・写真・図表など無断転載を禁止します。すべての内容は韓国の著作権法により保護されています。