Update 2012.12.12 水 18:33
トップページ お気に入り
全記事一覧
首页 > 新聞 > 観光 > 済州の発見 | Travel
神仙が住む渓谷での祭典「第9回 訪仙門フェスティバル」
2012.05.11 (今) 高恩英 ey7023@jejujapan.com

   
▲ 昨年開催された訪仙門祭り  撮影 : 姜奉秀

森との調和が絶妙な渓谷で、その昔、ソンビとよばれる文官たちが楽しむ風流韻事を現代式に再現した「 訪仙門フェスティバル」が、今月の12日と13日、済州市吾羅2洞に位置する訪仙門で開かれる。

訪仙門は、切り立った断崖絶壁に取り囲まれた河川である漢川渓谷の真ん中に位置しており、まるで大きな門を開いた如く屋根に覆われた、前後のさまたげのない大きな岩を、昔から「神仙が訪れる門」という意味で訪仙門と呼んできた。またこの 訪仙門は「 裵裨將伝 」の背景となったことでも有名である。

   
▲ 訪仙門 漢川の上流 撮影 : 姜奉秀

12日(土)午前10時、「勉庵 崔益鉉先生流刑の道歩き」から祭りがスタートし、夕方の6時には瀛丘春花の保存および2012済州世界自然保全総会(WCC)の成功を祈願する点火式も開かれる。つづく二日目の13日には、去年あらたにスタートした漢川づたいに位置する吾羅オルレ ウォーキングから始まり、初・中・高級学生らによる 訪仙門文学白日場(作文大会)と 訪仙門風流のつどい、道立芸術団の公演などが行われる。


○ 日時 : 2011-05-12 ~ 2011-05-13

○ 場所 : 済州特別自治道 済州市  吾羅2洞

○ 主なプログラム : 勉庵 崔益鉉先生流刑の道歩き、 漢川づたいの吾羅オルレ ウォーキング など

○ 付帯行事 : 訪仙門に関連した詩と絵の展覧会、囲碁および将棋大会、郷土料理店など

○ 注意事項
* 行事の当日は、刑務所の南側橋梁から訪仙門 渓谷の入り口まで(約1,5㎞)を徒歩かシャトルバスをご利用ください。
* 訪仙門の入り口から渓谷に下りていく道が険しいため、子供やお年寄りの方は保護者の保護と注意が必要です。
* 5月13日 09:00~16:00 シャトルバス運行 (済州商工会議所、訪仙門 間往復) 
 
○ お問合せ : +82-64-728-4801,4802


記者 : 高恩英   ey7023@jejujapan.com

     関連記事
· 神々の庭園、済州の河川と渓谷
ⓒ 済州ウィークリー(http://www.jejujapan.com) 記事の無断転載を禁止します | 版.聲明  
Most Popular
Photo
「在日済州人、彼らのお蔭で今日の済州があるんですよ」
兪弘濬『済州文化の深淵を込めました』
〖WCC〗世界の環境リーダー、人類に問いかけたメッセージは?
〖WCCあれこれ〗済州の生命(いのち)の森、「コッチャワル」
[청소년보호정책]
Mail to editor@jejujapan.com   Tel. +82-64-724-7776   Fax.+82-64-724-7796   청소년보호정책 : 고은영
登録番号 : Jeju Da 01093   登録時間 : 2008年 11月20日   発行人 : 宋姃姬
Copyright © 2009 jejujapan.com 掲載の記事・写真・図表など無断転載を禁止します。すべての内容は韓国の著作権法により保護されています。