Update 2012.12.12 水 18:33
トップページ お気に入り
全記事一覧
首页 > 新聞 > 観光 > 済州の発見
菜の花祭り 20日「クンサスミ オルム」で開かれる。
2012.04.24 (火) 高恩英 ey7023@jejujapan.com

   
 ▲ 写真提供 : 済州特別自治道

済州 菜の花祭りが4月20日から西帰浦市表善面加時里「クンサスミ オルム」のふもとに広がる7万余坪の菜の花広場で開かれる

   
▲ 写真提供 : 済州特別自治道

加時里は最近「文化村」として新たな注目を集めているが、加時里の鹿山路は、建設交通部(現国土海洋部)が選定する「韓国の美しい道100選」に選ばれるほど美しい景観を誇るところである。

特に、 菜の花と桜の花が鹿山路の道端に 咲きみだれる4月末は、済州中山間地域特有のなだらかな平原の中にあって幻想的な雰囲気をかもしだし、ここから眺める済州東部のオルムの稜線とハルラ山、城山日出峰から南原に至る海岸線は、済州の新たな姿を映し出すことだろう。

   
▲ 写真提供 : 済州特別自治道

今回の祭りは、 加時里住民だけで構成された「第30回菜の花祭り組織委員会(委員長キム・ヨンイル)」が主管し、主たるイベント会場である「菜の花広場」は 、加時里農村開発事業の一環として造成された食用菜の花油の生産地である。

開幕式は20日午後2時に開かれる予定であり、騎手団、 フラワーキッズパレード、騎馬警察隊などが参加する。また今回の祭りでは入場料を支払うのだが、代わりにもらうお祭り紙幣は、イベント会場内で特産品や飲食物の購入など現金と同じように使うことができる。大人は5000ウォン、子供とお年寄りは2000ウォンである。 菜の花祭り組織委員会は『「お祭り貨幣」を通して、地域住民が生産した農産物と特産物などの消費を促進させ、地域経済にもプラスになり、また訪問客には健康的な食べ物が提供されるなど、皆が満足できる場になることを期待する。 』と語った。

自然そのままの景観を思うがまま満喫するばかりでなく同時に、訪問客の多様なニーズに応えるため、△招請公演 △企画展示 △各種大会および行事 △体験プログラム △菜の花広場市 などが準備されている 。

招請公演にはカノーラバンドフェスィバルおよび菜の花祭りと共におこなうアリランラジオ「Wonders of Jeju」の公開放送、各種行事では菜の花子供写生大会・2012済州カノーラオープンディスクゴルフ大会などが開催される。企画展示では菜の花詩画展・菜の花広報展示館、体験プログラムは乗馬体験・菜の花馬車・菜の花油絞りなどが予定されている。

   
▲ 写真提供 : 済州特別自治道

   
 ▲ 写真提供 : 済州特別自治道

   
▲ 写真提供 : 済州特別自治道
   
▲ 写真提供 : 済州特別自治道
   
▲ 写真提供 : 済州特別自治道

記者 : 高恩英  ey7023@jejujapan.com

ⓒ 済州ウィークリー(http://www.jejujapan.com) 記事の無断転載を禁止します | 版.聲明  
Most Popular
Photo
「在日済州人、彼らのお蔭で今日の済州があるんですよ」
兪弘濬『済州文化の深淵を込めました』
〖WCC〗世界の環境リーダー、人類に問いかけたメッセージは?
〖WCCあれこれ〗済州の生命(いのち)の森、「コッチャワル」
[청소년보호정책]
Mail to editor@jejujapan.com   Tel. +82-64-724-7776   Fax.+82-64-724-7796   청소년보호정책 : 고은영
登録番号 : Jeju Da 01093   登録時間 : 2008年 11月20日   発行人 : 宋姃姬
Copyright © 2009 jejujapan.com 掲載の記事・写真・図表など無断転載を禁止します。すべての内容は韓国の著作権法により保護されています。