Update 2012.12.12 水 18:33
トップページ お気に入り
全記事一覧
首页 > 新聞 > 観光 > 名所 | Tourism
南国の雪景, 冬の漢拏山も魅力満点
2012.03.12 (月) 金秀庭, 坂野慎治 contributor@jejujapan.com

   
 

済州の象徴、韓国の霊山・漢拏山は、海抜1950メートルと韓国の最高峰で、山頂には白鹿が水を飲むといわれる火口湖・白鹿潭がある。山の斜面には40あまりの側火山(寄生火山)が連なり、その美観・奇観に多くの観光客が訪れる。四季折々の美しい自然景観には、誰もが息をのむだろう。1966年に天然記念物、1970年に国立公園に指定、2007年にはユネスコ世界自然遺産に登録され、世界的にその価値が認められている。

そんな漢拏山が、今年も雪化粧をしている。夏のリゾート地という印象が強い済州で雪景色とは、意外に感じられるかもしれない。済州の緯度は福岡と同じだが、地形的に雪が多いため、冬の登山客に人気のスポットでもある。雪が何日か続けば、漢拏山は魔法にでもかけられたように変身する。

   
▲ 白く輝く雪野原と青く澄んだ空  撮影 : 金秀庭

済州に雪が降り続いた2月初め、天気予報と道路状況を確認し、天気がよく入山可能な日を待って、漢拏山を目指した。漢拏山は天気が変わりやすく、突然の吹雪や濃霧など冬の登山には危険も伴うが、当日は幸運にも快晴で風もなく、早春のように暖かく、登山日和だった。今回は、霊室からウィッセオルム(3.7km)に登り、御里牧に下山(4.7km)する往復4時間ほどのコース。このコースは、自然保護のため漢拏山の頂上・白鹿潭までは登れないが、登山道が整備され初心者でも無理がなく、美しい雪景で人気のコースでもある。

漢拏山の登山道までは済州市内から1時間と近いため、コーヒー片手に散歩にでも出かけるかのように、普段着に滑り止めのスパイクという格好で出かけた。しかし、いざ着いてみると、積雪量が最大で2メートルを超える雪山。周りを見渡すと、本格的な登山服に身を包み、両手にストック、足元は雪よけカバーに立派なアイゼンという重装備。「富士山だって登頂したんだから…」と、冬の漢拏山を甘く見ていたようで不安がよぎったが杞憂にすぎなかった。霊室コースは途中、急な斜面もあるが全般的になだらかで、天気にも恵まれた当日は漢拏山がひときわ優しく感じられた。

それにしても、韓国の人たちは山登りが大好きだ。登山服が普段着という人も多いため、アウトドア用品は急成長している分野だ。山林庁によると1カ月に1回以上、山に登る人は1500万人と成人人口の4割に上る(2010年現在)。韓国は山地の面積が7割にもなるため、山登りは最も身近で経済的なレジャー・スポーツといえるだろう。特に近年の健康ブームもあいまって、ますます人気が高まっている。

そんなことを考えながら霊室コースを登っていくと、目に飛び込んでくるのは霊室奇岩、屏風岩、氷滝、雪化粧した側火山、白い樹氷と青い空…。誰もが歓声を上げ、カメラのシャッターを切る。先を急がず、立ち止まって振り返ってみよう。終バスに遅れまいという理性と、美しいパノラマに酔いしれたい感性との葛藤にさいなまれるに違いない。

   
▲ 登山道を示す赤い旗だけの銀世界  撮影 : 金秀庭

ところが、下山してくる人たちは「上に行けば、もっと素晴らしい景色が待っている」と口をそろえる。登山道を進み山頂が姿を現すと、そこは一面、雪野原。登山道を示す赤い旗だけの銀世界を、カラフルな登山服が一列になって進んでいく。まるで別天地だ。2メートルを超える雪が、貴重な動植物などに関する案内板をのみ込んで、登山客から知識を奪う。残るのは、頭ではなく心で感じる自然との一体感。

そうして約2時間の幻想的な道のりを終えると、海抜1700メートルのウィッセオルム山小屋に到着する。半分ほど雪に埋まった山小屋では、約束でもしたかのように誰もがカップラーメンを頬張っている。世界ラーメン協会によると、韓国は1人当たりのインスタントラーメンの年間消費量が70食と世界一(2010年現在)。まさに、その数値を実感させる風景だ。韓国の飲食店でラーメンを頼むとインスタントラーメンが出てくるので、最初は驚くかもしれない。それでも人気メニューなのが、韓国の「インスタントラーメン愛」の証拠だろう。

   
▲ 銀世界を1時間ほど歩くと、森が現れる。  撮影 : 金秀庭

皆に倣ってカップラーメンで腹ごしらえをして、御里牧コースを下山。この日は気まぐれな漢拏山の天気も始終ご機嫌で、日差しがかげる気配はない。雪の上に顔を出している木々は樹氷で覆われ、目に映るのは白く輝く雪野原と青く澄んだ空のみ。そんな銀世界を1時間ほど歩くと、森が現れる。風雪に耐えて曲がってしまった木々の間から、「ソリ禁止」という横断幕が顔を出す。この区間は、知る人ぞ知るソリコースだという。木々に囲まれた狭い山道は、曲がりくねった雪の壁がありボブスレーコースのようだ。そんなことを考えていると、60歳代とおぼしき男性3人がビニール袋をソリ代わりに、楽しそうに滑っていく。足を伸ばして靴でスピードを調節しながら上手に滑っていくが、道が狭く傾斜が急なところでは危なそうでもあった。

こうして約4時間、漢拏山の雪景色を堪能すると、韓国の人たちがどうして山登りに惹かれるのか納得できる。今から来シーズンの雪山が待ち遠しい。

 

漢拏山国立公園ホームページ (日本語)   www.hallasan.go.kr/japanese/

*  季節ごとに入山時間に制限があるため、ホームページで確認を。
* 済州の市外バスターミナルと西帰浦の中文を結ぶバス(約1時間間隔)で、霊室売票所、御里牧を利用。 霊室売票所バス停から登山道入口までは50分、御里牧バス停から登山道入口までは15分ほどかかるので、入制限時間に遅れないように。タクシーは登山道入口まで通行可能。
*  当日の登山コース:霊室 −(1.5km、50分)→ 屏風岩 −(2.2km、40分)→ ウィッセオルム −(1.5km、30分)→ マンセ丘 −(0.8km、30分)→ サジェビ丘 −(2.4km、60分)→ 御里牧

 

金秀庭(済州大学経営学科博士課程)    坂野慎治(済州大学通訳大学院教授)    contributor@jejujapan.com

 

     関連記事
· 高いコストパフォーマンスを備え、解放感を満喫できるオルムにようこそ!
ⓒ 済州ウィークリー(http://www.jejujapan.com) 記事の無断転載を禁止します | 版.聲明  
Most Popular
Photo
「在日済州人、彼らのお蔭で今日の済州があるんですよ」
兪弘濬『済州文化の深淵を込めました』
〖WCC〗世界の環境リーダー、人類に問いかけたメッセージは?
〖WCCあれこれ〗済州の生命(いのち)の森、「コッチャワル」
[청소년보호정책]
Mail to editor@jejujapan.com   Tel. +82-64-724-7776   Fax.+82-64-724-7796   청소년보호정책 : 고은영
登録番号 : Jeju Da 01093   登録時間 : 2008年 11月20日   発行人 : 宋姃姬
Copyright © 2009 jejujapan.com 掲載の記事・写真・図表など無断転載を禁止します。すべての内容は韓国の著作権法により保護されています。