Update 2012.12.12 水 18:33
トップページ お気に入り
全記事一覧
新聞 (全 40 記事 )
·[文化芸術] 兪弘濬『済州文化の深淵を込めました』

『オルレ道を歩くと済州の自然の息遣いを肌で感じるんですよね。この本から済州文化の深淵を感じ取ってもらえればと思います。』兪弘濬 (ユ・ホンジュン)明智大美術史学科教授は13日、 「私の文化遺産

·[文化芸術] 済州の神話にフェスティバル的想像力を添える

ソルムンデハルマンの説話・ジャチョンビの神話からモチーフ … 叙事的当為性など付与「耽羅よ、甦れ。」その場にいた全ての人間とけだもの、そして1万8千の神たちは、一緒に感激し喜んだ。しかし、こ

·[文化芸術] PICK-UP J-POP!!

在済州日本国総領事館メールマガジン 2012-07-30 岩本茂久副領事アーティスト名 : Perfumeアルバム名 : Perfume First Tour『GAME』(DVD) テクノポップをコンセプトとした歌謡曲の歴史

·[文化芸術] 吹奏楽の「金色の響き」、済州の夏は美しい

2012年 第17回済州国際吹奏楽祭が8月10日から18日まで9日間、済州の海辺公演場、天地淵の滝野外公演場など道内の公演場で「島、その風の響き」とのテーマで開催される。済州特別自治道と㈳済州国際吹

·[文化芸術] 「西帰浦市夏の夜、セヨンキョ・コンサート」20日開幕

「西帰浦市夏の夜、セヨンキョ注・コンサート」20日から9月8日まで、毎週金曜日と土曜日、午後8時から10時まで約2ヶ月にわたり開催される。西帰浦市が主催し「ギターでオートボーイに乗ろう」が主管す

·[文化芸術] 世紀のカップル、その主人公を募ります

耽羅文化祭で「チャチュンビ(慈充姫)と ムンドリョン(文)道令 注1」 説話を再現、実際に結婚式も 6月14日~7月6日までカップル募集、結婚式挙行、ウェディング撮影等いっさいを支援「ムン(文)道令

·[文化芸術] 済州の民俗酒、オメギ酒、コソリ酒

済州の酒、その歴史はいつ始まったのか?韓国人が酒を飲んだという記録は、はるか昔の部族国家時代に遡る。夫餘の、高句麗の、濊のなどの祭天儀式で男女が集って酒を飲み歌い踊ったというの「魏志倭人

·[文化芸術] 神仙も驚歎する瀛州十景

済州の景観の美しさを語る際に、 瀛州十景を逸するわけにはいくまい。古来、瀛州と瀛州山は 神仙が暮らすところだとされ、東アジアの人々が憧憬する所だった。だから、済州の別名「瀛州」と漢拏山の別

·[文化芸術] 土に母性を発見、五百将軍の霊魂を目覚めさせる

芸 術 空 間 済州島最初の土器は高山里遺跡で出土した原始無紋土器と隆起紋土器である。済州の高山里遺跡は今から約7千年から1万年前の新石器時代の暮らしの痕跡を示している。それらの土器こそは済州

·[文化芸術] 済州島の雑穀文化

現在、済州島ではミカンをはじめ、ブロッコリー・キャベツ・タマネギ・ニンニク・ツルニンジンなどの換金作物栽培が主であるが、かつての済州島は雑穀の島であった。そして、島の人々は豊かな雑穀文化

·[文化芸術] 済州の蛇信仰、内七星と外七星

文化コラム 蛇のことを済州語で「ぺヨム」と言うが、昔の済州ではその蛇こそは女性たちが家内で祀る重要な神であった。その信仰の形態にも二種類あり、豊作の神、すなわち富の神である七星信仰と、村の

·[文化芸術] 済州の長寿食文化 「ウヨンバッ(家の敷地内の畑)」での野菜栽培

春がやってきたが、冬のように寒い3月である。冬の間、食べていたキムチも酸っぱくなって、ご飯の味もなくなる時期である。キムチが酸っぱくなるとビタミンの含量も少なくなる。そこで食卓に新たにビ

·[文化芸術] 神の顔を描いた済州島川外祠の巫神図

一つの共同体として同じ起源を持ち、系統を引き継いできた造形的な作品を私たちは伝統美術と呼ぶ。伝統美術は祖先の暮らしの姿が盛り込まれている。伝統美術は生活、儀礼、信仰、趣味、生産と関係した

·[文化芸術] 魅力的な観光地にしたければ、再び草家を建てようではないか

文化目的の旅行私たちが世界を旅行した際に感動を受けるのは、他でもなくその旅行対象地の文化である。誰であれ、モンゴルの草原にコンクリートのビルの森を見るために行くわけがなく、フランスに草家

·[文化芸術] 三多どころか五多の済州

暮らしの基礎になる風土。だからある地域の文化や生活を理解しようとすれば、先ずはその地域の「風土」を知らねばならない。何ものかの背景になっている環境や傾向、様相、風習、制度などを比喩的に表

·[文化芸術] 済州の伝統婚礼と豚肉料理文化

婚礼は男女が夫婦の縁を結び家族を構成する儀礼である。さらには、二つの家門が親戚となる一世一代の重要な儀式だとも言う。古今東西を問わず、婚礼には必ず料理が伴う。済州でも村人一同が集まって料

·[文化芸術] 金永甲、美しい済州の土に戻った人

芸術空間 1982年、一人の写真家が済州にやって来た。その名は金永甲。済州に魅了された彼はソウルと済州を往復しながら、写真を撮った。そしてその後、1987年にはソウル生活を畳み、済州に定着して

·[文化芸術] 済州の独特な文化景観、山垣の美学

済州の独特な文化景観、山垣の美学 済州の山垣は、済州人の祖先崇拝思想によって、土盛りの墓を保護するために労働を積み重ねて作られるようになった歴史的産物であり、大地の美学という概念などとは

·[文化芸術] 邊時志の作品の根源は済州の風土

芸術空間 邊時志の幼い頃の記憶には、済州の強烈な風が刻まれている。高層建築物にぶつかって勢いが弱まった風などではなく、宇宙の果てから押し寄せてくる太初の風。海と島とを区別することなく激し

·[文化芸術] 済州島の門前祭 ‒ 儒教と巫俗の文化的妥協 ‒

金唯正文化コラム 済州島の祭祀儀礼には門前祭という儀式がある。これは、字義通りに、門の神に祭祀を奉じることである。先祖の祭祀の際にはもちろん、秋夕、旧正月の名節にも、最初に門の神に祭祀を

 1 | 2 
[청소년보호정책]
Mail to editor@jejujapan.com   Tel. +82-64-724-7776   Fax.+82-64-724-7796   청소년보호정책 : 고은영
登録番号 : Jeju Da 01093   登録時間 : 2008年 11月20日   発行人 : 宋姃姬
Copyright © 2009 jejujapan.com 掲載の記事・写真・図表など無断転載を禁止します。すべての内容は韓国の著作権法により保護されています。